ニュース

日本の歯医者さんがミャンマーへ!ミャンマーボランティアツアー2015開催

2015年1月30日

150202_ツアー.jpg


2015年1月14日~18日、TOOTH FAIRY参加歯科医師によるミャンマーボランティアツアーを実施しました。
TOOTH FAIRYでは全国の歯科医院様からいただいたご寄付をもとに、ミャンマーの貧困地区で学校建設をすすめています。さらに、日本とミャンマーの歯科交流として、TOOTH FAIRY参加歯科医師の皆様に建設した学校を訪問していただき、むし歯の予防や口腔ケアの啓発活動をボランティアでおこなっていただいています。

公募型としては3回目となる本ツアーでは、連続訪問しているパーヌエ公立小学校と今回初訪問となるカンバーニ公立小学校の2校を訪問。子どもたちをはじめ、村人全員による大歓迎を受けました。

特にカンバーニ公立小学校では学校の訪問だけでなく、村の中まで案内していただき、村の食事や生活などをじっくりと見学することができました。
カンバーニ村は交通の不便な山岳地帯にあり、村には医師や歯科医師がいない無歯科医村です。水が貴重な地域のため、口腔ケアの概念が薄く、歯ブラシも家族1本で使っている、という状況です。

参加された先生方には子どもたちには歯科健診をおこなっていただき、村の大人たちに対しては歯の磨き方指導や口腔ケアの大切さをお話しいただきました。
日本からやってきた歯科医師に子どもたちや村人からは感謝の声が寄せられました。

これまでに歯科健診ボランティアをおこなった学校では、歯磨きやむし歯予防の認識が高まり、ミャンマーの子どもたちの口腔状況改善に大きな成果を上げております。
TOOTH FAIRYでは今後とも継続的にミャンマーの学校を訪問し、日麺交流を深めると共に、ミャンマーの子どもの口腔状況改善に寄与していきます。

ページの先頭へ戻る